Friday, 7 June 2019

かわいいぶい!

皆様こんにちは。
「名探偵ピカチュウ」沼にすっぽりとハマった友人に連れられて、先日ポケモンカフェに行ってきました。恥ずかしながらワタクシは、ポケモン歴がゲームボーイ版の緑で終わっている(ポケモンGOは最初の1匹で満足して終了)という、にわか中のにわかでして、熱量の差に不安を感じつつお店に向かいました。が、実際そんなソワソワは秒で消え去るくらいのとてつもなく楽しい世界が待っておりました。夢の国って日本のあちらこちらに点在しているんですね!今回はその一部始終を皆様にご紹介いたします。


まずはカフェの隣に併設されたポケモンセンターへGO。血眼になってラッキーを探していたところ、店員さんに声をかけられ数少ないラッキーグッズを順番に紹介してもらいました。「ラッキーの英語名は知っていますか?」の質問に、思わず食い気味に「チャンシーですよね!」と近年稀に見るドヤ顔で答えてしまいました。ポケモンは詳しくないが、ラッキー愛は本物です。ラッキーのぬいぐるみとハンカチ、そして探ピカ記念グッズのクロッキー帳を購入しました。本当はポシェットとステッカーも欲しかったけれど、私も良い大人なのでこの選抜メンバーだけで我慢です。ポケセンには値札が付いていない商品が多いのでグッズ選びはとにかく慎重に。←

さて、そうこうしているうちに予約の時間がやってきて念願のポケカフェに初潜入。ポケセンでだいぶ気持ちが温まっていたんですが、カフェは更にすごかった。店内にはシェフに扮したピカチュウや映画公開記念のショーケース、さらには机の上にポケモンが乗っていたりして、なんだかもうあっちもこっちもポケモンづくし。映えて映えて仕方がない。



友人は探ピカセット、私はピカチュウのランチプレートを頼みました。


見て下さい、このクオリティ。海外では完全に再現不可能な精密さ!ここまできたらもはやアート!MOMAに並べられていてもおかしくないですね!可愛さに悶絶しつつも全て美味しく頂きました。

ラッキーのラテアートもお見逃しなく。絵柄はオリジナルの151匹から選ぶことができます。

食事を終えて程なくすると、スタッフのお姉さんからこれからポケモンが遊びにやって来るとのアナウンスが。客席の期待が高まるなか現れたのは、我らがアイドルイーブイたん!

かわイーブイ!の掛け声に合わせてポーズ

まん丸で見事なフォルム!愛くるしさ満点の隙のない身のこなし!冷静に考えて日本の着ぐるみ造形技術すごすぎませんか?可愛さを最大限に引き出す構造になっている。オリジナルを超えてくるキュートっぷり、もう何なのよ!狂ったファービーみたいに、口からは「カワイイ」しか出てこなかったです。てっきりシェフ姿のピカチュウが厨房から汗を拭き拭き現れるのを期待していたので(んなわけあるかい)、ちょっと不意打ちを喰らいましたが全然おっけー。首もとのもふもふが神懸かり的にかわゆい。そして、しっぽの大きさも頭身も愛されるために生まれてきた絶妙プロポーションを誇る。サービス精神旺盛なイーブイたんはお客さん全員とハイタッチを交わし、最後はしっぽをふりながらお別れの挨拶をしてくれました。

迫りくるイーブイ

もふもふが止まらない


あぁポケモンってすっげぇや。日本に生まれて良かったです。寿司とアニメとポケモンのある国、NIPPON。これを機にポケモンGOでも始めてみるかな。。。(たぶん始めない)


No comments:

Post a comment