Tuesday, 21 May 2019

部屋とステッドラーと私

皆様こんにちは。
ロンドンでの修行生活を終え、しれっと帰国致しまして無事に日本で令和を迎えました。帰国まで1ヶ月に迫ったところで財布を擦られたり、旅行にインフルエンザに不動産屋とのバトルなど、良くも悪くも多忙な毎日を送っておりました。そんなわけで、ネタはいくつか用意していたのですがアップする暇がありませんでした。今となってはどれも賞味期限切れなのですが、ロンドン滞在中私の心の支えであったライフドローイングイベントについて、振り返りつつ皆様にもご紹介していきたいと思います。渡航をお考え中の方の今後の参考になればと思います(なるか)

☆Life drawing with ELSC


ELSCとは East London Stripper Collectiveの略で、その名の通り東ロンドンにてストリッパーを描く会です。モデルは常にセクシー系のべっぴん揃い。そのためかこのイベントだけ男性参加者の割合が高めでした(笑)パブを一部屋借り切って毎週月曜に開催されています。
クリスマスはスペシャル回ということで男性ストリッパー兼ドラァグクイーンのモデルさんでした。ウルフカットのめちゃめちゃ可愛い人でした。地毛は赤毛なんだって。赤毛×ドラァグクイーンとかもう最高すぎて…感涙(ちなみに彼/彼女は先日開催されたロンドンでのドラァグクイーンイベントにて優勝した模様。おめでとうございます♡)




こちらのイベントでは最後に書き手参加型のセッションが設けられていて、モデルさんが誰か1人を選んで一緒にモデルをやらされます(もちろん着衣)ちなみにドラァグクイーンのときは私が選ばれました。やっだ、ドラァグクイーンとついに気持ちが通じたわ!と心の中で発狂しつつも、冷静な顔してその場をやり過ごしました。
イベント終了後は一枚お気に入りをモデルさんにプレゼント。同時に他の参加者の方と絵を見せ合ったり談笑する時間でもあります。スーパーシャイの私が一瞬だけ並のシャイに戻って他人と交流できる唯一の機会です。(自分で言ってて悲しくなるわ)

☆Art Macabre


こちらは季節やイベントによってテーマを設けて開催される個性派のドローイング会。セッションごとにだんだん薄着になって最終的にはヌードに。(結果ストリップと同じシステムですね。)




最後は皆で絵を見せ合います。これはどこも同じですね。
こちらも時々モデルにドラァグクイーンがいたりするので、そんなときは光の速さで近づいてインスタを聞きます。←
着衣といってもファッションドローイングというよりは、衣装も小道具もなんとなく小劇場のアングラ芝居を彷彿とさせる感じ。モデルのタイプも様々で、毎回違ったアプローチで人体と向き合う楽しさがあります。ザ・肉体賛美。

☆Pride at RHACC


こちらはプライドウィークにあわせて、高級住宅街リッチモンドのカルチャースクールで開催されたイベント。当然モデルはドラァグクイーンのおネエさま!今回のモデルさんはジンジャースパイス(ジェリ・ハウウェル)のモノマネをされてる方だそうで、モデル慣れしていないせいか終始眠気と戦っておられました(笑)

☆East London Art&Wellbeing(ごめんなさい、写真はありません...)

こちらも東ロンドンで毎週木曜に開催されております。テーマはアートを通じてチー(中国語でいう”気”のようなもの?)を高め、心身ともに健康的な生活を送ることを目的としたスピリチュアル臭強めなイベント。
教室に入るとまず皆で5分間の瞑想から始めます。初回に遅刻して瞑想中に入り込んでしまった私は事態を把握できず、恐怖で卒倒しそうでした。様々な感情を吐き出し芸術に昇華させるといったそもそものテーマに反し、芸能人のポートレイトばかり描いていた私はどう考えても周りから浮いてる存在でしたが、他の参加者の方はいつも優しく絵を褒めてくれました。(先生はどう思っていたかわからないが。笑)最後までチーの正体は分からなかったけれど、私にとっては癒しの時間でした。

☆Frame Factory Life drawing class



こちらはおしゃれスポットHighbury&Islingtonにある額縁店"Frame Factory"が主催のドローイングクラスです。お店や併設された作業スペースにはハイブリーならではのお上品な雰囲気が漂います。そして講師がとてもイケメン◎笑
休憩時間にはイケメン先生からのお茶とビスケットのサービスも。最高に癒される〜。参加している方々は年齢も性別もさまざまで、休憩時間に個別で講評を受けている熱心な学生たちもいます。先生も参加者のその日の雰囲気に合わせて手を入れたり、自分も参加したりするそうです。



全然関係ないけれど、この日のモデルさんは3年前に別のイベントで描いたことのある方でした。すごい偶然。といっても前も似たようなことがあったので、ヌードモデル業界は案外狭い世界なのかもしれない。モデルなのに黙っていられない性分の人で、ヌーディストのコメディアンみたいでした(パワーワードw)

誰得な情報を長々と語らせて頂きました。すみません。最後まで辛抱強く読んでくださってありがとうございます。
トラブル続きで毎日キレ気味のロンドンライフでしたが、離れてみると結構寂しいものですね(ロンドンあるある)色々あったけど、私の(少し歪んだ)イギリス愛は永久に不滅です。躁鬱気味の私を支えてくださった皆様本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしく。

No comments:

Post a comment