Monday, 28 January 2019

パリ〜蚤の市での爆買い日本人〜

皆様こんにちは。

私のロンドン修行も残りわずかとなりまして、予定をぱんぱんに詰め込んで日々忙しく過ごしております。そんなわけで今月はパリへ最後のがらくた漁りに出かけてまいりました。

ぱり〜。

今回はテロやデモの影響もあってか、さすがの花の都もいつもより静かな佇まい。
長蛇の列を覚悟して向かったサントシャペルもガラガラでした。天気に左右される場所なので冬場は人気がないのかしら。

超お気に入りの観光スポット。

いつも蚤の市にしか行かないので今回は頑張って観光っぽいこともしました。ナイトクルーズにモンマルトルの丘にショッピング。



そしてメインの蚤の市。
今回は時間が限られていたので南のヴァンヴと北のクリニャンクールに絞って蚤の市を巡る計画です。まずはヴァンヴから。

悪天候のせいかこちらも前回来た時よりストールが少ない印象でした。近くのホテルをとって気合いを入れて早起きしたのにちょっと拍子抜け...しつつも、気を取り直していつものおじちゃんのところでヴィンテージ写真を爆買い。ここのおじちゃんはやる気がなくて値段の付け方がとても雑なんです。交渉しなくても面倒くさがって大体おまけしてくれます。今回は特に機嫌が良くて私のためにぼろぼろの椅子まで用意してストールの隅々まで見せてくれました。ありがとうおじちゃん。

ヴァンヴで唯一撮った写真がこちら。
ウェス・アンダーソン風にカスタマイズされたペンケースです。

地下鉄4番線の端から端へ。パリを縦断するようにクリニャンクールへと向かいます。
偽ブランド品を売る若者や、高架下のホームレスのテント群(段ボールからの進化系住居)を横目に柄の悪い駅前通りを抜け、お目当てのマルシェ”ドーフィーヌ”へと急ぎます。



お気に入りマルシェ。
私今日からここに住みますね。

さっきまでの喧騒が嘘のよう。アーケードを抜けるとまるで別世界です。5分前にカップルが怒鳴りながらコーラを掛け合う修羅場に遭遇したけど一瞬にして気持ちをリセットできました。あぁ幸せ〜。更にパリではそこそこ合格点なトイレもある(重要)

そして今回の戦利品がこちらです。



少し前から写真やポストカードの他にホーリーカードも収集するようになりました。うーん、美しさの極み。一見したもの全てが欲しくなる魅惑の逸品です。

ポストカードを購入し、ほくほくしながら歩いていると、向かいにヴィンテージポスターを取り扱うお店を発見。なんとなんと私が最も尊敬するグリュオーの作品群が棚に!Dior時代のものもある!(ざわざわ...)さらに店内にも素敵なポスターがたくさん。次々に買いたいものを小脇に抱えていったらあっという間に100ユーロを超えてました。
中でも鳥肌ものだったのが、バルビエ作イダ・ルビンシュタインの肖像画!私のようなド素人でもはっきり分かるくらいこの絵はひと際輝いておりまして、もう完全に一目惚れでした。値段もこれだけ飛び抜けて高く設定されており、一瞬怯みましたがどうしても視線を外すことができず私のコレクションに迎え入れました。満足。実はこれがバルビエの作品と知ったのは購入後のことでして、なんでこれだけ高額だったのか調べて始めて気づいたわけです(ファン失格)右端にうっすら浮かぶ、”ば、る、び、え”のサインに瞬間気を失いかけました。おったまげ。ネットで調べたら初版は特に幻の逸品らしい。念のため、いつでも鑑定団に出せる準備をしておこうと思います。

厳重に梱包して日本に持ち帰ろう。

こんな感じで私のガラクタ漁り〜冬のパリ編〜は無事に終幕いたしました。
あまり治安がよろしくない中でのパリ旅行でしたが、蚤の市で見つけた美しい品々が旅先での苦い経験までまるっと浄化してくれました。満足なり。

蚤の市で見つけたイエローベスト犬。
デモに参加することもなく飼い主さんの横にぴったりとくっついておりました。

No comments:

Post a comment